歯の色が黄色くなってしまう原因とは?

歯の色が黄ばんでいて気になるという方も多いかもしれませんが、歯はなぜ黄色くなるのか知っていますか?

エナメル質は白色ですが、もともとエナメル質が薄い人は歯の色が黄色く見えてしまいますし、歯の神経自体が死滅している人は歯が黄色や黒色に見えてしまうのです。

コーヒーやタバコなどを普段から嗜んでいると、歯に着色してしまうのです。

歯を白くしたいのであれば、ホワイトニングは歯を白くする事ができますが、歯医者とセルフという2つの方法がありますよ。

PMTCという歯科医院での歯のクリーニングができますが、歯自体を白くする訳ではないのだそうです。

黄ばんだ歯に被せ物をする方法は、もともとの歯を削る必要がありますので、どの方法を実践するかよく考えると良いでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る