虫歯ってどんな病気?

虫歯を放置している人も多いかもしれませんが、一体どんな病気なのか知っていますか?

そもそも虫歯とは、歯にくっ付いてしまった菌が毒を出して歯の良くない状態が続いているという状態なのです。

虫歯の原因になる菌の数は人によって異なりますが、赤ちゃんの口の中には菌がいないので、両親から虫歯菌が感染したり、直箸で食べ物を与えると感染すると言われていますよ。

虫歯が発生するためにはお菓子やジュースなどの糖質が必要で、口の中に甘い物が入ってくると虫歯菌が毒を出して歯の表面を傷つけるのです。

口の中の悪い状態が長時間続いてしまうと虫歯になりやすいですから、夜の寝る前などに甘い物を食べて歯磨きもせず放置していると虫歯になってしまうと言われていますよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る