縦磨きで知覚過敏を予防しよう

通常の歯磨きでは磨き残しが発生するかもしれませんが、歯磨きのテクニックを覚えることで改善することができますのでご紹介いたします。

歯磨きを行う際に、横磨きばかりしていると知覚過敏になりやすいと言われていますので、力を入れるような磨き方をしている場合には磨き方を変える必要なありますよ。

人によって歯並びや生え方には違いがありますので、磨く場所によって縦磨きなどの方法も取り入れると良いでしょう。

歯ブラシを歯と歯茎の間に当てて、45度の角度で小刻みに動かして磨いていくのがスタンダードな磨き方ですが、自分に合う磨き方で磨くことが大切ですよ。

歯並びの悪い人が横磨きばかりしていると、歯のエナメル質を傷つけたり、全く磨けない歯がでてきますので縦磨きで丁寧に磨くようにしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る